2014年09月02日

新しい環境は、その人を変化させたりさせなかったり

 CARPE・FIDEMの近くにセブンイレブンがあるのですが、私は個人的にここが大変気に入っております。理由は単純で、「店員さんの調和が非常に良いから」と「パスタが美味いから」。

 どこも変わらないと思いますが、運営側に余裕のあるところは、お客さんの側も気が楽です。ギスギスしなくて済みますから。この点は、自分も深く注意しないといけない点ですね。

 ところで、ここのセブンにKさんという店員さんがいらっしゃいます。彼が最初に来たときのことを良く覚えているのですが、非常に慌てていて、新しい仕事に追いついていない雰囲気がバリバリ伝わってきました。私も、昔バーでバイトしていたときにアタフタしていたので、気持ちが痛いほど分かったものです。

 ところが、半年も経つと、余裕綽々と言いますか、鎧袖一触(?)と言いますか、Kさんの立ち振る舞いに、

「洒落の一つでもこいてやりましょうか」

的な雰囲気が出てきまして。あまりの変化に、

「あれ? 本当にKさんかな?」

と。接客の間の取り方も上手いと思いますし、人間変われば変わるものですが、ちょっとビックリです。

 ただ、こういった変化も、Kさんとその周囲の店員さんの努力があってのものだと思います。「継続は力なり」とも言いますが、何か一つのことを「やる!」と決めたら、それを止めずに継続することで、人間そのものが少しずつ変化し、結果的にその環境に適応出来るようになる。当然のことなのですが、素直に感動する瞬間です。

 ここ数年間の私の課題は「変化に乏しい点」にありましたが、最近は少々変化も出始めました。この調子に乗りに乗って、Kさんに負けないような変化を出して行きたいですな! 次回は、この変化もネタにして参りましょう!
posted by Ecodog at 22:53| Comment(5) | 徒然なコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする