2014年09月21日

自分を黙殺すること

 何かに詰まったときって、どうします?

 時間が取れるとき限定ですが、私は自分の意志を黙殺したりしてみます。

 やり方は簡単です。

「やりたいことをやらず、やりたくないことをやる」
「普段やっていることは一切やらず、普段やっていないことだけをやる」

それだけ。自分の主張は一切無視。全部正反対。

 誰しも「詰まる」ことってあると思いますが、詰まっているときは、行動が画一化と言いますか、無限ループと言いますか、兎に角「不変」になっていませんか? 同じことばかり延々と考えていたり、変わらない毎日を続けるだけだったり。自分が煮詰まっているのは、煮詰まるようなことしかしてないためではないでしょうか?

 そんなとき、自分の行動を強制変更します。基準は簡単です。全部逆に動くだけです。有無を言わさず。逆の軸を何にするかは気分によりけりですが、とりあえず「逆」。

 不思議なもので、これだけでも別の世界が見えてくることがあります。普段なら行かない場所。絶対にやらないような冒険。話しかけないような人。そもそも、お喋りな自分だったら、話すらしなかったり。

 世界が素晴らしく見えるなら、それはその人自身が素晴らしい人物だからであり、世界が詰まらなく見えるなら、それはその人自身が退屈な人間だからでしょう。しかし、世界を素晴らしく見ようとするにも、若干の工夫が要るようです。

 社会人になって責任が増えるとそうも言ってられませんが、時間に余裕があればかなりのことが出来ます。物事の判断はその人の本質だと思いますが、時間の使い方も同じだと思います。時間のある人は、時間のあるうちに、是非自分の知らぬ「逆の世界」に飛び込んでおきましょう。若いうちしか出来ないよ、こんなこと。

「画一化された無限ループの行動を一度放棄し、全く違う世界に飛び込んでみる」

 現実にロックされた、しがない31歳の野望でございます。
posted by Ecodog at 18:47| Comment(4) | 徒然なコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする