2014年11月25日

NEET株式会社の本質的な問題点(2)

 前回は50人まで削減する話をしましたが、今日はその続きのチーム編成から。

 チーム編成ですが、個人的には、リーダー格が多めに確保出来た場合には、5人を10チームとかでも良いと思います。飲み会をやってみれば分かりますが、10人だと話がまとまらないことが多いですから、コミュニケーション重視なら、もっと少人数でも大丈夫でしょう。

 削減は不適切な人材を除外することが目的でしたが、チーム編成は個々人の意見を出やすくする点に目的があります。個々人の能力が最大限出せる数が望ましいですね。


 チーム編成が終わったら、次は資金集めです。リーダー以下全員で一ヶ月間バイトに出かけます。(ものによっては、政府系金融機関の政策金融公庫に出向くという手もあるかも知れませんが、大手町フィナンシャルシティの威圧感も相まって、恐らく華麗にスルーされると思いますので、それは後ほど。責任の所在がいい加減な場合、あんまり借金はせん方がいいですしね。)

 具体的には、仮に10人チームとした場合、目標額は100万円。

900(円/時)×8(時間)×20(日)×10(人)=144万円

ですから、現実的に見ても可能でしょう。

 因みに、この段階で途中で投げ出したり、挫折したりする人が最低でも20%程発生するはずです。その場合、何らかの特技がある人材以外は無条件でカットします。この段階でコケる人材は、後になって厄介事を起こす可能性がデカいですから、早々に足切りをかけておきましょう。ただ、チームが認めるような能力がある人材なら、他でカバーして貰うのもアリだと思います。


 この段階で確保されているのは、8人のチームが5つと、それぞれが持つ100万円の資本金です。次は、これをどのように使うかを考えてみましょう。
posted by Ecodog at 21:14| Comment(2) | 徒然なコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする