2016年10月06日

小さな信頼を積み上げる

「営業の鉄則は、大きな信頼を狙わず、小さな信頼を沢山積み上げること」

だとか何だとかって話を聞いた記憶があります。

 何となくうろ覚えなのは、恐らくお酒が入っていたからで、多分、爺さんの米寿で親族関係者が熊本に集まったときのことでしょう。推定では、遊び疲れて爆睡している小さな娘さんをあやしている父方の従姉妹の旦那さんの口からだったような気がしますが、定かではありません。

 出所は定かではありませんが、言っていることが定かっぽいのは、流石エリート営業マンといったところでしょうか。やるね。


 で、この「小さな信頼を積み上げる」なんですが、具体的に何をしたら良いのか考えると、実は「日常的にすべきことを淡々とするだけ」という、何とも無味乾燥な解答に行きつくようで。すごく分かりやすくまとめると、

「黙って勉強しな」

とか

「サボらず仕事しろ」

ってことです。うむむ……。定かっぽいけど、きついな、コレは。


 でも、確かに自分の周囲を見ていると、実績上げてる人って基本的にコレがしっかりしているんですなあ。黙々と、やるべきことを実行している。逆に、ダメな人ってのは、アレコレとグチグチ言ってばかりで、何かにつけて停止している。しかも、長期間何もしないでボーっとしている。

 大きな成果ってのは、小さな成果の積み重ねでできているのでしょうが、大きな罪ってのも、小さな罪の積み重ねでできているのでしょう。

 小さな成果も、小さな罪も、毎日の分はあまりに小さ過ぎて、どっちを取ってもほとんど違いが無いようですが、何十年単位で詰み上がると、とてつもない差になってしまう。信頼についても、同じことなのでしょう。


 と、なると、幼年期や少年期は別にしても、青年期以降については段階的に、壮年期にもなれば全面的に、自分自身の存在は自己責任の塊となってしまいます。

 三十路男を捕まえて、

「今のお前が壊れているのは、全部が全部がお前のせい! フォウ!!!」

なんてラップ調で煽られても、グウの音も出ません。まあ、実際煽られてるんですが。ラップで。

 と、考えると、やはり明日の身の振り一つについても考えてしまう今日この頃。壮年期初期の私なのでございます。

 誠実に生きるって大切だね、爺ちゃん。

posted by Ecodog at 21:40| Comment(0) | 徒然なコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする