2016年10月08日

やっていることが上手くいかないときに考えるべきこと

 今時期は特に増える話ですが、物事が上手くいかない(成績が上がらない)ことってありませんか? 何もしないで上手く行くなんてことはあり得ませんので、一生懸命やっての話です。一生懸命頑張っているのに、上手く行かない。何故でしょうか?

 さしあたり、私が見ている周囲で発生している具体例を挙げると、以下のようなものがあります。


1:出来る問題ばかり解いている・得意な範囲ばかり勉強している

 例えば、

数学10点
英語100点
国語80点

のスコアを取るA君がいたとしましょう。彼が成績を上げるために優先すべき科目は何でしょうか? 当然、数学ですね。英語をやっても、これ以上上げようがありません。国語もほぼ上限で、伸び白が少ない。しかし、数学はまだまだ伸びる余地がある。

 にもかかわらず、A君が「一生懸命」英語を勉強していたとしたら、どうでしょうか? 確かに、今後の社会展望を考えれば、英語のエキスパートになるのは大変有効で、否定すべき要素は一切ありません。しかし、試験では全くと言って良い程評価されません。要は、成績が上がらない。もう上限一杯まで評価されているためです。

 このような無駄をしてしまうのは、概してA君の保守的かつ怠惰、それでいて、勉強するという形式的姿勢だけは重要視する、歪んだ性格が問題だったりします。自分の得意な科目は、何をやっても解けるのですから、大変気持ちの良いものです。勉強したくなるのも自然なことでしょう。だから、「勉強」する。しかし、苦手な科目を黙々と進めるのは苦痛なものです。誰だって、逃げたくなるでしょう。だから、勉強しない。

 要は、A君は「勉強している!」と主張している一方で、その実得意科目の英語に「逃げている」だけです。パッと見の姿は勉強しているかも知れませんが、それは机に向かっているという外的イメージに過ぎません。

 勉強とは、知らない知識を新しく取り入れたり、解けない問題が解けたりして、そしてそれを維持管理して初めて成果に繋がります。これこそが勉強なのであって、既に出来るものを繰り返しやったとしても、それは勉強にはなりません。ただの「逃げ」です。

 「一生懸命勉強してる!」と言う主張は良い響きですが、A君のそれは「一生懸命逃げてる!」です。勉強なんか、少しもしていません。A君自身は勉強しているつもりかも知れませんが、それは勉強しているフリであり、現実には何もしていないのと同じです。


 表面的に勉強している姿を繕い、実際はサボっている。上手くいくはずありません。ただ、これは仕事でも同じことが言えます。

 ここでの要点は、

「上手く行かないときは、自分がやりたくないことから先に実行する」

です。やりたくないから、ノータッチになっている。結果、その部分がボトルネック化して、全体の進捗を妨げている。どの業界にでもよくある話です。

 やりたいことだけ実行する人と、やりたくないところから実行する人とで差がつくのは自然なことです。自分自身を騙そうとする水面下の意識を思い出すと、物事は少しずつ上手く進むようになります。
posted by Ecodog at 16:12| Comment(0) | 教育分野一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする