2016年12月19日

医学部受験用パッケージ講座について

 CARPE・FIDEMの運営も、現社名に変更してから既に7年が、旧社名からすると、既に12,3年が経過しました。これまでも多くの人々に支えられ、無事に継続することが出来ましたが、少々問題も発生しています。

 そのうちの一つが、特に高度な学習能力を保持した参加者への応対です。

 昨年度は様々な意味で過去最高記録を出した一年でした。例えば、駿台の東大模試で東大理VA判定、阪大模試で阪大医学部A判定、他複数の帝大系模試で医学部A判定を獲得する参加者が複数出ました。今年は今年で、15歳の段階にもかかわらず、高校三年までの学習をほぼ終えてしまっている参加者がいます。

 上記のような例もありますが、CARPE・FIDEMには、必ずしも優秀な人達ばかりが集まる訳ではありません。小学校から学校に行っていない人もいますし、社会人経験者もいます。精神病院への入院歴がある人もいますし、今現在気持ちの面で不安定な人もいます。経歴や状況は多々あれど、個々人なりの目標に向かって進学先を決め、納得のできる進路を大切にすることを最優先としています。


 ただ、人よりも早くかつ速く行動したいという希望が、ここ最近は目立つようになってきました。そこで、来年度四月からの運用となりますが、期間短縮用のパッケージ講座を併設し、そのようなご要望に応えることに致しました。

 具体的には、私大(主に医学部)希望者で、特に短期間での学習(基礎クラス在籍時に合格する等)が必要な方、或いは、国立大(上位医学部)希望者で、特に先行して学習を進めておきたい方を対象として、医学部受験用のパッケージ講座の開設を調整しております。

1:基礎クラス用パッケージ
○大学受験理系基礎
○追加演習授業(基礎編)
○医療系論文講座

2:応用クラス用パッケージ
○大学受験理系応用
○追加演習授業(応用編)
○医療系論文講座


 追加演習授業(基礎編)は、基礎授業内での単元試験が終わり次第、入試レベルの演習をテストゼミ形式で行い、単年度内での医学部他上位の大学向けの入試に即応します。具体的には、医学部で差のつきやすい英作文の添削や、数・物・化の有名問題の処理を中心に行います。

 追加演習授業(応用編)は、初期の段階から発展的課題を先取りし、通常の応用クラスよりも、一段階高いレベルの受験が可能となるよう調整を行います。具体的には、4月段階から各種単元間融合問題に挑戦し、単元の垣根を越えたタイプの問題にたいする苦手意識を軽減します。


 これまでは、基礎クラスと応用クラスの二つで全体をカバーしておりましたが、基礎と応用の中間レベルの受験をする場合や、応用クラス上位層への対応がやや不十分となっておりました。必要な場合には、その都度個別対応での運用を行っていましたが、費用がかさんでしまうという問題も発生していました。

 そこで、今回のような形式でパッケージ化を行い、より効率的な運用を行うことに致しました。今後も、ある程度希望者の意見を取り入れながら、より効率的な受験が可能となるよう調整する予定です。

 最近は、大阪や宮城等の他、地方主要都市からのお問い合わせが増えていますが、期間短縮をご希望の方は、一度来年度からの参加に合わせてご検討下さい。
posted by Ecodog at 18:48| Comment(9) | 業務連絡的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする