2012年05月18日

不登校は絶望的か?

 気持ちは分かるのですが、今でも、

「不登校になったら、その段階で人生終了でしょうか?」

のような問がかなりあります。

 結論から言えば、

「今すぐ終了することはないけど、何もしないと人生終了です」

というのが現実でしょうか。

 CARPE・FIDEMは、一応「上位の大学へ行きたい不登校・引きこもり経験者向け進学塾」みたいなところであるせいか、彼らの言う「人生終了」となった卒業生は今のところいません。しかし、これは単にやるべきこと(勉強)をやるべきとき(10〜20代の青年期)に黙って実行してきたからです。「不登校」という状況下にいることを気に病む人は大勢いますが、不登校かどうかについては、正直どうでも良いことです。

 確かに、世の中には「不登校⇒人生終了」となってしまった人が大勢いますが、それは彼らが何もせずに悶々と部屋にこもっていたからです。一日中ネットに張り付き、ゲーム三昧、漫画三昧、アニメ三昧のような話をよく聞きますが、これで人生終了にならない方がどうかしているというものです。

 先を見据え、現実論に立脚しながら早々に動いた人が「人生終了」となることは、まずありません。世の中厳しくとも、まだそこまで苛烈ではないのです。逆に、賢い子ほど不登校という自由時間を有効活用し、これからの時代に挑んでいるように見えます。

 別段、ネットをしていてもいいですし、ゲームも悪くはありません。漫画やアニメも、楽しければ寧ろ続けた方が良いでしょう。しかし、それだけの毎日では、いつか人生そのものが破綻します。破綻の意味が理解出来、それを回避するために行動出来る子と出来ない子の違い。全ては、バランスの問題です。

 世の中を甘く見ていると人生終了。やるべきことを怠ければ人生終了。行動が遅過ぎれば人生終了。この辺は確かに現実的事実ですが、そこさえ回避していれば、不登校になろうと、そんなに酷い人生にはなりません。「人生終了」とは、自分で「終了」を引き寄せた結果論ではないでしょうか。
posted by Ecodog at 17:40| Comment(0) | 不登校関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: