2012年07月14日

引きこもりで何が悪い!

 唐突ですが、CARPE・FIDEM内では、引きこもりや不登校が特に悪い行為とは認識されていません。と言うか、寧ろ、

「ああ、だめだ。辛いぜ、また引きこもりたいぜ。ネトゲ廃人に戻りたいぜ」

とか、

「オレ、五億円貯めたら、また引きこもるんだ……」

のような笑い話が頻繁に出てきます。引きこもっていたにしても、不登校になっていたにしても、どの道ここでは未来に繋がるルートが複数あるので、不登校や引きこもりが大きな問題となりません。どっちかと言うと、「ビバ引きこもり!」です。

 世間的に見れば、不登校や引きこもりは問題でしょうが、これらが問題なのは、当事者の存在自体が周囲にとって厄介なお荷物となるからです。いつまでたっても自立せず、自分の人生に見苦しい言い訳を続け、先に進まず、親の金に寄生しているから嫌われるのであって、最低限自立しているなら、基本的には何も問題はありません。

 人生なんて人それぞれですし、「○○でなきゃいかん!」とか「××してないと許さない!」のような話は、本来無いはずです。詰まらない社会通念に合わせて億劫な毎日を送るよりは、自分なりの幸せのあり方を模索し、「どう生きるのか?」を考察することの方が、これからはよっぽど大切なのではないでしょうか?

 引きこもりや不登校はみっともないかも知れませんが、別段大した問題ではありません。しかし、いい歳になっても自分の力でお金を稼ぐことが出来ず、周囲に助けて貰わないと生きられないとするなら、これは極めて大きな問題です。「引きこもる」という行為が周囲の人々の自由を束縛し、動きを封じ、他者の人生を阻害するためです。

 当事者側からも沢山の話を聞いてきましたが、基本的には、経済的自立が出来ていれば、悉く解決する問題がほとんどです。

「親から金を貰わなければOK、貰っているならNG」

 あれやこれやと言われていますが、経済的に自立し、自分のしたいことをしている人達を見てみれば、引きこもりとは、「突き詰めればその程度の問題でしかない、極めて退屈な話題」のような気がします。
posted by Ecodog at 00:24| Comment(1) | 脱ヒキの要点(当事者編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはただの不登校
あんたらがケンカを売っているのが引きこもり状態の人
分かって書いているから性質が悪い

ご都合主義のデタラメな理解でいるから
不見識で不適当な軽口が出るんでは?どうなの?
>「ビバ引きこもり!」

Posted by 支援は支援でも、妨げ支援? at 2013年01月31日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: