2012年09月11日

奥多摩旅行の話の前に伏線がありまして

 「重々しい人物」って、いると思いませんか? 重厚感溢れると言いますか、大物の風格と言いますか、兎に角そんな感じです。

 しかし、残念ながら私は「軽々しい人物」のようでして、重さのかけらもありません。普段、授業をしているときも、

T’「おいEco。質問に答えろ」

とか10代の子に言われていますし、教室に置くソファベッドを買い間違えて意気消沈しているときにも、

閣下「君は家具を選ぶセンスが無い。色のセンスもなってない。残念な男だ」

とか言われてます。それはもう、散々な扱いで。

 ただ、「軽々しい」にもおトクなことがあるようで、例えば少し前にこんなことがございました。


 私は数年前から自転車通勤をしており、毎日片道15分程度のチャリンコライフを楽しんでおります。しかし、これはこれで危険なこともありまして、ある日、路地を走っていたところ、黒い軽自動車と衝突しそうになりました。

 自動車はそのまま高速で駆け抜けて行ってしまいましたが、急ブレーキをかけた際、前輪ブレーキをかけ過ぎたものですから、さあ大変。ボリショイサーカスもびっくりな位に自転車ごと倒立状態になりまして。その拍子にチェーンがパチンと外れてしまったのでございます。

 流石にチェーンを外したまま進むわけにもいかないので、路肩までトボトボと歩いて行き、素手でチェーンを直しておりました。無論、チェーンは油でギトギトですから、どちらの手もすこぶる爽快に真っ黒です。

 ただでさえ、冴えない毎日を送っている私。

E「(あ〜あ。これじゃあ、チェーンが直ってもハンドルが握れないなあ……。ツイテないよ、本当に……)」

とか何とか、一人寂しく呟くわけです。


 しかし、「軽々しい人物には軽々しく話しかけやすい」という性質でもあるのでございましょうか。それとも、この世知辛い世の中においても、心豊かな優しさを忘れることのない、慈愛に満ちた人物だったのでございましょうか。

???「お〜い、兄ちゃん!! 手ェ洗ってけや!!!」

 顔を上げると、正面のガソリンスタンドから、おじいさん的容貌の店員さんが手を振っているのでございました。

 勿論飛びつきましたとも。ええ、それはもう、光よりも速く。

E「(ああ、こんな世の中でも、良い人もいるんだなあ……。勝手に買い物してきて、美味しくなかったから『おいEco! これ経費で買い取れよゴルァ!! オラ、領収書じゃクズ!!!』とか、『紅葉見に行ってェ〜、屋形船に乗ってェ〜、美味しいもの食べたいわァ〜。勿論、Ecoさんの財布でね?』とか、涙もチョ切れそうなイヂメばっか遭ってきたのに……。ああ……)」

 神様か天使様のようですよ、ホント。

 近くに相撲部屋があるようで、もしかすると、そこに所属なさっている若手の力士さんかも知れません。おじいさん店員さんの横には、大層恰幅の良い力士店員さんもいらっしゃいます。

おじいさん「何だあ、兄ちゃん。真っ黒じゃねえか! おい! 石鹸出してやれ、石鹸!」

力士「はい!」

E「すんません……。ホンマすんません……」

 別段悪くないのに平謝る私。日頃の扱いの酷さに、卑屈根性が骨身にまで沁みています。

おじいさん「何だ? チェーンが外れたんか?」

E「あ、はい。ぼーっとしてまして……」

おじいさん「がっはっはっは! この石鹸は強力だからな、しっかり取っとけよ! ほら、このタオルで拭いておけ! どうせ、まとめて洗濯するんだ、使っておけ使っておけい!」

E「すんません……。ホンマすんません……」

 本当に親切な爺さまでございました。涙チョチョ切れそうですよ、マジで。


 が、そんな晴れやかな気分でCARPEにやってきたのに、

E「と、言うワケだ。世の中には優しい人達もいるものだと思わぬか、諸君?」

ってな感じで授業中に涙浮かべながらその話をしても、

T’「はっ! 相変わらず馬鹿な男だ、知恵足らずが!」

とか、

ボリビア「まあ、いつものことですよね」

とか、

発明屋「そのまま前方倒立回転飛びとかしたらいいんじゃないですか(笑)」

とか、

お嬢「まあ、君の替えはいくらでもいる。いくらでもな」

とかって反応来ますからね。ありえん。


 まあ、何が言いたいのか良く分かりませんが、兎に角、隅田川沿いのJOMOには、鞭打つような過酷な日々の中、涙と共に生きるチンピラを助けんとする、イケメン爺さんと力士の兄ちゃんがいらっしゃるわけでございます。

 コンクリートジャングルの中で現代人が失った思いやりと優しさ。コスモ石油でなくとも、ガソリンと一緒に「心も満タンに」してくれる懇切丁寧なサービスがあなたを待っています! ガソリンをお買い求めの際には、是非こちらのお店へ!!! 
posted by Ecodog at 23:30| Comment(0) | 奥多摩珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: