2013年06月16日

ようやく「まとめ」が出来そうです。

 今年の2月上旬あたりから、急にCARPE・FIDEMへのアクセスが集中したことがありました。たまたま、リンク元に多かったのがまとめサイトの「ハムスター速報」さんだったため、内輪ではこの件を「ハム速騒動」と呼んでいましたが、この「ハム速騒動」に対するまとめが、そろそろコラムにて発表出来そうです。(と、言っても修正を加えながら段階的にですが。)

 基本的には、twitterや、はてなブログ、各種まとめサイトなど、集中的に取り上げられた反応を集計し、可能な限り検証する手筈となっています。暫定集計ではありますが、当該コラムやCARPE・FIDEMの方針については、賛否が7:3〜9:1となっており、ネット上では概ね支持された形になっているようです。

 ただ、支持が欲しくて公開している情報ではありませんので、賛否両方について偏り無く掲載することとなっています。特に、まとまったご意見をお持ちの方のリンクを掲載し、総合的に検証出来るように工夫してあります。

 また、今回の件について、不登校・引きこもり分野の先達である、筑波大学医学部門教授の斎藤環先生からも厳しいご意見を頂きました。賛成意見が多数の中、反対意見も存在したのですが、ほとんど全てが「死ね」とか「消えてなくなれ」のような感情論のみで、具体的建設案はほとんど無い状態でした。

 そんな中、唯一斎藤先生だけが反対意見を提示しつつ、現実的方針をお伝え下さいました。先生からのご提案を拝聴すると同時に、それに対する反論も含め、具体的対応の一助としたいと考えております。

 ただ、長期高齢当事者とそのご家族には明るい話題がほとんどありませんので、今回の騒動で不愉快になられた方の閲覧は、前回同様お薦めしません。寧ろ、状況的には更に良くないものが含まれている点にご注意頂きたいと思います。

 一方、10〜20代の当事者の方や、20代での活動履歴がしっかりしている30代短期当事者の方には、参考になる部分が多々あります。社会全体からの声と合わせ、これからの進むべき道筋を考えるためのヒントにして頂ければ幸いです。

追伸

 中学範囲速習他、いくつかのクラスへの参加打診の中に、
「後期からの参加は、8月を待たないとダメですか?」
といったお問い合わせが幾つかあったのですが、その辺はお気になさらなくても、気が向いたときにお問い合わせ頂いて大丈夫です。(席が空いていれば、先にご案内しますので。)

 ここのブログを読んで頂ければ分かるように、コラムでは厳しいことを書いてありますが、CARPE・FIDEM内部はかなりいい加減なところで、実際に厳しいのば勉強位しかありません。その他の点については、「参加者同士で緩く適当にまったりする」がポリシーです。あまり難しく考えないで下さい。

追伸2

 ここ最近、全国各地の進学校に在籍する不登校の学生さんから複数問い合わせがあったので、私からちょっとだけ言いたいことを。

1:あなた方は頭が良いのですから、それを生かす方向で人生設計して下さい。
2:学びで頭を活かせるタイミングは、事実上10〜20代しかありません。
3:これからは「総合的な頭」の時代です。今は、総合力を鍛える機会を与えられたものと考えて下さい。
4:不登校などのトラブルを活かせる人間が、これからの「優秀な人材」であり、逆が「無能な人材」です。
5:何か悩みがあるなら、まず最初に「青年期の課題」を疑って下さい。
6:「青年期の課題」が気になるなら、学校で貰った倫理の教科書と資料集を読んでみて下さい。
7:そこで気になる話題があったら、その原典に当たってみて下さい。
8:大学進学は一つの境としては非常に効果的です。大学受験程度の勉強はきちんとしておいて下さい。
9:あなた方の優れた能力は「権利」ではなく「義務」です。そこをはき違えないように注意して下さい。
10:9の意味が分からない人は、その良い頭を使ってじっくり考えてみて下さい。





posted by Ecodog at 07:09| Comment(12) | 業務連絡的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きるために努力するなんて面倒だと思いませんか?
Posted by さんざし at 2013年06月24日 08:14
さんざし様

 はじめまして。CARPE・FIDEM代表の大村と申します。

〉生きるために努力するなんて面倒だと思いませんか?

「死なないために生き、そのために努力する」という意味でしたら、これは猛烈に面倒でしょうね。一体、何のために生きているのか分からないですし、ただ単に生かされているだけでしょう? 主体性も何もあったものではありません。

 私はそんな生き方はしたくないですし、今後もしないでしょう。自分の求める生き方と正反対なので、何が楽しくて「死なないだけの人生」を望むのか理解出来ません。

 さんざしさんは「面倒」という緩い、穏やかな表現をなさいましたが、個人的には「苦痛」のみの人生に見えます。私も、さんざしさんのご意見に全面的に同意します。そんな生き方は、まっぴら御免です。

 折角の人生なのですから、私は楽しく生活したいと思っています。努力するにせよ、それは自分の求める方向に進むための努力でありたいですし、同じ努力でも、愉快な努力にしたい。結局のところ、愉快な方が楽ですし。

 幸い、私はこの点については大変恵まれています。CARPE・FIDEMは、昔から「自立精神のある、主体的でおバカな連中(笑)」が集まるところでしたが、私はその中に日々いますので、仮に忙しくても毎日は非常に豊かです。

 さんざしさんも、私と同じ判断をなさっているようですので、姿勢は同じなのでしょう。是非、主体的で愉快で、ついでに楽な(ここ重要!)人生を送って下さい。応援しています。

Posted by 大村悠輝 at 2013年06月24日 22:16
引きこもり歴13年目の37歳です。ここに書かれている事はまさにそのとおりで自分の怠惰を痛烈に後悔するきっかけになりました。よって人生詰んだとわかりました。ありがとうございました。
Posted by pm12.5 at 2013年07月11日 12:38
pm12.5様

 前回のコメントからの続きになります。

〉ここに書かれている事はまさにそのとおりで自分の怠惰を痛烈に後悔するきっかけになりました。よって人生詰んだとわかりました。ありがとうございました。

 痛烈に後悔出来るだけ、十分に理性は残っているのだと思います。最悪なのは、現実を見て暴れ出したり、騒ぎ出したりする人達です。

 仮に、自分の人生が救いようのないものになったにしても、最低限、後続する若年層の人達に注意を喚起したり、冷静になって、身の振りを考える程度はするのが礼儀だと思います。しかし、高齢当事者の中には、自分の苦しさをぶちまけるだけでなく、若年層の邪魔をする人達までいます。

 これまでのpm12.5さんの経緯は誉められたものではなかった知れませんが、現実を否定しない点は正しいと思います。「衣食」の前に「礼節」があっても良いのではないでしょうか。
Posted by 大村悠輝 at 2013年07月12日 16:25
大村様のようなお忙しい方に私のような者が書き込んだ事に対してコメントして頂き、ありがとうございます。先の書き込みにありました、残り1割をどう捉えるか、今動き出さなければ0になると、私は思いました。限りなく0に近いとも思いますが、動こうと思います。
Posted by pm12.5 at 2013年07月12日 19:53
pm12.5様

〉大村様のようなお忙しい方に私のような者が書き込んだ事に対してコメントして頂き、ありがとうございます。

 いえ、多分pm12.5さんが思っているよりはずっとヒマしてますよ。こう言っては何ですが、毎日遊んでいるような感覚です。近々、海に遊びに行ってきますが、表面的には「勉強合宿!」であるものの、実情は「ひたすら遊んで食って飲んで寝る!」です。

〉先の書き込みにありました、残り1割をどう捉えるか、今動き出さなければ0になると、私は思いました。限りなく0に近いとも思いますが、動こうと思います。

 是非そうなさって下さい。行動する際には、特に体力にご注意を。それと、「1割」に二通りに意味がある点を、くれぐれも忘れないようにして下さい。
Posted by 大村悠輝 at 2013年07月14日 17:51
コメントありがとうございます。今後、貴社からの卒業生で日本のリーダー、或いは世界を変えるような、創造性に満ちた人材をを育成されることをお祈り申し上げます。私は最底辺からその方々を見られるかはわかりませんが、残された時間精いっぱいがんばり、生涯を全うしたいと思います。
Posted by pm12.5 at 2013年07月14日 22:50
pm12.5様

〉今後、貴社からの卒業生で日本のリーダー、或いは世界を変えるような、創造性に満ちた人材をを育成されることをお祈り申し上げます。

 これまでの動きを見る限り、それは現実にあり得ると思います。一国のリーダーでなくとも、各組織のリーダー格は多々出て来るでしょう。私も、それを楽しみにしています。

〉私は最底辺からその方々を見られるかはわかりませんが、残された時間精いっぱいがんばり、生涯を全うしたいと思います。

 スタートが低くとも、その後も低いままか否かは、やってみないと分かりません。但し、怪我と病気にだけは気を付けて下さい。動き始めの二大トラブルですので。

Posted by 大村悠輝 at 2013年07月15日 10:13
先日のコメントで動こうと思いますや全力で人生を生きたいなどと申しましたが、中々今まで怠惰だった分そうは行きません。切羽詰まっているのにこの状態ではもうどうしようもありません。後、は家を追い出され、死ぬだけです。
Posted by pm12.5 at 2013年07月17日 13:03
pm12.5様

 返信が大幅に遅れて申し訳ありません。大村です。(しばらく新規対応その他に追われそうで、返信に遅延が発生するかも知れません。ご容赦下さい。)

〉先日のコメントで動こうと思いますや全力で人生を生きたいなどと申しましたが、中々今まで怠惰だった分そうは行きません。

 「継続は力なり」ですから、ある程度は仕方ないと思います。先に努力を続けていた人と一瞬で並べるなら、それはそれで大変不平等ですし。

〉切羽詰まっているのにこの状態ではもうどうしようもありません。後、は家を追い出され、死ぬだけです。

 家を追い出されるタイムリミットはどの辺になりそうですか? 後何年の猶予があり、どの程度の資金が使えるのか、先に確認しておいて下さい。実情を把握することが最優先課題です。まずはそこからスタートしましょう。
Posted by 大村悠輝 at 2013年07月25日 12:45
もし良ければ斎藤先生の意見が知りたいです
Posted by Ooo at 2013年10月06日 23:35
>Oooさん

 返信が遅れ、申し訳ありません。CARPE・FIDEM代表の大村です。

>もし良ければ斎藤先生の意見が知りたいです

 文章がまとまって長くなりますので、メインのブログの方に上げておきました。そちらをご確認下さい。
Posted by 大村悠輝 at 2013年10月17日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。