2016年09月05日

管弦楽組曲とタイムスリップ

 ここで書く話なのかどうか分かりませんが、私の数少ない趣味の一つが「オーディオ」です。父は学生自体のときからオーディオが趣味だったようで、日曜の実家では、朝から何かしかの音楽がかかっていました。弟も音楽狂で、それが昂じてヴィオラまで練習していましたから、多分父の影響なのでしょう。


 少し前に自宅を田舎の方へ移すことで、高校生時代から延々続いていた東京暮らしに終止符を打ち、やっとのことで人間らしい生活を取り戻したのを機に、そこそこ本格的なシステムを組みました。(高校時代の繋がりで、リコーのエンジニアをしている友人が後押ししてくれたのもあります。)

 オーディオについては、私には目標(目的)があります。ジャン=フランソワ・パイヤール指揮による、バッハの管弦楽組曲第一番序曲(の中の、2:21前後の一小節)を聞くことです。

 勿論、聞くだけなら何でも出来るのですが、この部分は、私の青年期で、特に多感だった時期と密接に関連してます。丁度、金木犀の香りが、少年期の秋口を思い出させるのと同じようなものでしょうか。

 30歳を控えた20代の後半に特に感じたことですが、人間変わらないようでいて、その実毎日変わっていきます。日常的な変化は微細なため、緩やかな変化には鈍感になりがちですが、必ず変化していきます。そんな中で、ある日自分を見失う。

 見失った自分が回帰する場所とはどこなのか? 恐らく、誰もが一度は考えることだと思います。私にとってのそれは、たまたま管弦楽組曲第一番だったのかも知れません。自分がどんな存在なのか、どの方向へ進むべきなのか、あるべき像は何か、あるべき姿勢は何なのか。全てが分からず、無重力の空間の中にポンっと放り出されたような恐怖感を日々感じて怯えているとき、何故かこの曲が傍にありました。丁度、中学生から高校生位の時期です。


 昨日はテストだったため、午前だけ授業はお休みです。私も午前はお休みになりますので、山を見ながら管弦楽組曲を聴き、ほうじ茶(笑)を飲みながらこの記事を書いています。私にとっての至高の贅沢です。

 贅沢も変わりました。子供の頃は、友達と集まってゲームをすることが贅沢でした。今は、音楽に頼って原点に回帰することが贅沢です。大人になるというのは、きっとそういうものなのでしょう。

 変化は怖く、寂しいものですが、同時に愉快で、楽しみに溢れたものだと思います。ただ、そこまで寂しく感じないのも、この音楽があるからなのかも知れません。私も、強固な命綱を持ったものです。
posted by Ecodog at 07:26| Comment(12) | 徒然なコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
半年ぶりほどのコメントになります。自分が日頃考えていた事柄に近くて興味を惹かれたので投稿します。
自分にとっての原点は「おもちゃ(特撮ヒーロー)」と「ゲーム(RPG)」と「父親」でした。
とあるアニメ監督による「人間は九歳までの解決できなかった欲求が基本になっているから、それを思い出せ」みたいな感じの言葉を 、ネットでたまたま見つけました。
それをきっかけに今年の1月から4月ぐらいまでしばらく考え続けた結果、なんだか色々と腑に落ちたような感じがしました。ひきこもり始める前からあった周囲への不満とか、自分が目指すべきものなどが言葉になりました。
現在は仕事を探し始めて何件か面接を受けている(全部落ちた)ので取り敢えずひきこもりではなくなったのも、その辺がターニングポイントでした。年齢的にも大学を卒業するような時期なので、丁度良いタイミングだった気もします。
最近の自分はモチベーションが落ちてきているのでまたどこかで軽い挫折をするかもしれませんが、そういう原点とか自分の路線を押さえておけば、軌道修正はしやすいんじゃないかと思っています。
自分の場合はこうなんだよという話で、他人に適用できるかどうかは細かく確かめていかないとわからないとは思うのですが。
Posted by ねこえもん at 2016年10月05日 08:50
>ねこえもんさん

 コメントありがとうございます。大村です。

 この辺は、皆案外同じなのかも知れませんね。方向性や姿勢は違っていても、結局ホームポジションを確保することは、誰にとっても重要なのでしょう。

 個人的には、挫折とか失敗って、そんなに大きな問題ではないと思います。寧ろ、戻るべき原点が分からないことの方が、先が怖い。

 ねこえもんさんはまだ年齢的にも余裕あるでしょうから、焦らず騒がず、少しずつ見つけて下さい。
Posted by 大村悠輝 at 2016年10月05日 12:19
ねこえもんです。返信ありがとうございます。
昨日はハローワークに行って、今日は郵便局に応募書類を出してきました。面接にこぎ着けられるかが問題です。
反応を戴けて嬉しかったのでもっと色々と書きたいと思ったんですが、結局はブレーキをかけました。先述のアニメ演出家についての小ネタを書き連ねようとして躊躇いました。
話してくれと言われれば嬉々として話します。
気軽に関われる人が身近にいないので会話に飢えていて、どうにもダメです。
この記事には本当に関係ないんですが、会話のやり方というより、求めているものの問題という感じがします。会話そのものよりも、他人の必要性です。かまってくれる人が欲しい感じがします。
個人的には、実はその辺が子供の頃の原点に関係あるんですが、面倒なので話は控えておきます。
Posted by ねこえもん at 2016年10月06日 13:59
>ねこえもんさん


>先述のアニメ演出家についての小ネタを書き連ねようとして躊躇いました。

 別に大丈夫ですよ。これから受験で忙しくなってきますので、しばらくすると反応遅くなると思いますが、今はまだ時間あります。


>話してくれと言われれば嬉々として話します。

 よかろう、話してくれたまえ。嬉々と。


>会話そのものよりも、他人の必要性です。かまってくれる人が欲しい感じがします。

 ほほう。周囲にはどなたかいらっしゃらないのですか?


>個人的には、実はその辺が子供の頃の原点に関係あるんですが、面倒なので話は控えておきます。

 なるほど。では、別の機会に乞うご期待と致しましょう。
Posted by 大村悠輝 at 2016年10月06日 21:03
ねこえもんです。返信ありがとうございます。
少し間が空いて、嬉々として話すというのは嘘になってしまいましたが、せっかくなので、話しておこうと思います。
これから話すことはネットに転がってるものなんですが、取り敢えず自分の言葉で話します。
上のアニメ演出家というのはガ○ダムの監督をなさった方なんですが、九才の頃までの欲求というのが「宇宙旅行」と「女の人がいじめられてるようなエロ本」だったんだそうです。
後者のエロ本については、偶然見つけてしまったようで、仕事をはじめてからは著書などでSM趣味を公言なされています。
前者については父親が戦時中に宇宙服に近いものを作っていて、その影響から宇宙に憧れを持ったようです。無重力と無酸素と月面着陸あたりが大事みたいです。
そこからその方は三十代後半になってガ○ダムを作ったということで、別に子供の頃の原点を大事にすれば皆がガ○ダムを作れるというのでもないですが、こういう面白い事例もあるんだという話でした。
ここからは別の話ですが、周りに会話をする相手がいないです。母親とは仲が悪いし、昔の同級生との関係も切れてるし、これから新しく探すにしても、なんかどうなるのか想像がつかないです。
際限なく甘えかかりそうな怖さがあります。なんだろう、どういう風に問題を整理をしたら良いのかというのあります。他人と関わる方法も大事なんですが、どこまで何を求めているんだろうという。
あとは、自分の語り方に嫌悪感があります。自分を素直に出せていないとか、本音の部分を掴みきれていない感じがします。本当に個人的な感覚なんですが、歯が浮いてる感じがする。
Posted by ねこえもん at 2016年10月10日 18:32
>上のアニメ演出家というのはガ○ダムの監督をなさった方なんですが、

 もしかして、その方は御頭がおハゲになってあらせられますか?

 尚、私も○ンダムは詳しい方ですよ。安室がシャーと戦う話ですよね?


>九才の頃までの欲求というのが「宇宙旅行」と「女の人がいじめられてるようなエロ本」だったんだそうです。

 異色のコラボレーションを司る鬼才、今ここに現る、ですな。


>後者のエロ本については、偶然見つけてしまったようで、仕事をはじめてからは著書などでSM趣味を公言なされています。

 (ここは突っ込むべきかスルーすべきか……。)


>前者については父親が戦時中に宇宙服に近いものを作っていて、その影響から宇宙に憧れを持ったようです。

 これは、何のお仕事でしょうかね?


>無重力と無酸素と月面着陸あたりが大事みたいです。

(無酸素あたりは確かにMっぽいな……。)


>そこからその方は三十代後半になってガ○ダムを作ったということで、別に子供の頃の原点を大事にすれば皆がガ○ダムを作れるというのでもないですが、こういう面白い事例もあるんだという話でした。

 なるほど。確かに繋がりはありそうです。ガン○ムの中のニュータイプの発想とかも関係あるのかも知れんですね。


>ここからは別の話ですが、周りに会話をする相手がいないです。母親とは仲が悪いし、昔の同級生との関係も切れてるし、これから新しく探すにしても、なんかどうなるのか想像がつかないです。

 よくある話ですが、期待しているのは深い話でしょうか? それとも、軽い話なのでしょうか?


>際限なく甘えかかりそうな怖さがあります。なんだろう、どういう風に問題を整理をしたら良いのかというのあります。他人と関わる方法も大事なんですが、どこまで何を求めているんだろうという。

 こればかりは、実際に当たってみないと実態像は見えてこないです。自分自身が分からないのは別に珍しい話でもありませんが、見えてくるまでは時間と場数が必要です。少なくとも、家に籠っていると見えにくいです。


>あとは、自分の語り方に嫌悪感があります。自分を素直に出せていないとか、本音の部分を掴みきれていない感じがします。本当に個人的な感覚なんですが、歯が浮いてる感じがする。

 自分に自信が無いってことでしょうか? 所謂「自我の確立」の話でしたら、高校の倫理で勉強する「青年期の課題」って項目を読んでみると、意外と役に立つことありますよ。参考までに。
Posted by 大村悠輝 at 2016年10月11日 21:19
返信ありがとうございます。
長文を書くことに抵抗感があったりするんですが、他人とコミュニケーションをあまりしてこなかったので、苦労をかけさせるかもしれませんが、折角の機会なのでそういう経験をどうか積ませてほしいと思っています。

僕はガンダムは詳しくないです。プラモデルはわりと買っていたんですが、ほとんどガンダムの名前が付くものでした。量産機はあまり買わなかったです。
アニメも21世紀以降の新しい作品はわりと観てるんですが、ほとんど忘れました。今も新作が放映されていますが、完全に気力が落ちています。プラモデルのレビューサイトには目を通せるんですが。

そのおハゲの監督の父親はゴムを扱う仕事をされていたそうです。
宇宙服に近いものというのは、正確には「与圧服」というもので、戦時中に「零戦の乗り手が一万メートルの上空で長く耐えられる服を作れ」みたいな要求があったから作ったという。
なぜ頼まれたかというと、ゴムというのは密閉する機能を担えるから、ということらしいです。
別の話だと、たしかその与圧服の試作品の写真を含めた色々な資料を捨てろと命令されていたんだけど、父親の人はわざと残した。それをおハゲの監督が子供の頃に偶然目を通す機会があって、のちの宇宙服にそっくりなその写真を見て宇宙に憧れるようになった。
その写真が残ってなかったらそのあとの人生はなかったんじゃないでしょうか。

無酸素にMっぽさを感じるのは、なんかわからないでもないです。重力がなくふわふわしている、上下の区別もない宇宙空間への感覚とかSM趣味も含めて、そういう緊張感を想像することに慣れているんじゃないかと思います。だから演出家をやっているんじゃないかと。

軽い話か深い話かといえば、深い話です。
多くの人とそこそこやるという意味での軽い話も大事だと思います。そうしないと、おそらく社会性を保てない。
深い話というのは、個人的にしっくりくる言い方だと、「親密だからこそ許されるような会話」じゃないかと自分では思っています。情緒的なものです。
ほかには問題を整理したり掘り下げたり、答えを出すという意味での論理面での話し相手も必要だとは考えていますが、個人的に切実なのは論理より情緒のほうです。
そういう部分を自分の中で素直に認めないと、自分の場合はスタートラインに立てない感じがします。説明になっているのか、ちょっと自信がないですが。

あとは他人と関わるきっかけがわからない。「彼女欲しいんだけど何処で見つかるの?」みたいなものだと思うんですが、とにかく想像が働かない。自分なりに後先のレールが敷けないのが困ります。

最後には自信がないというのもそうなんですが、「自分を誤魔化していないか」ということのほうが気になります。納得したふりをしていないか、良い人のふりをしていないか、強がっていないかとか、その辺です。
他人にわざわざ言うものでなくても、自分の本心は自分の中だけでも自覚していないと、取り返しのつかない不幸な状態になる感じがする。
倫理に関しては用語集を持っているので、それに目を通します。アイデンティティーという言葉が気になっています。ひきこもって7年ぐらい、ずっと迷走してきて嫌気がさしていたというのは、振り返ってみるとわかるので、だから気になるんだと思います。
Posted by ねこえもん at 2016年10月12日 23:25
>ねこえもんさん

 遅れまして、失礼しました。


>苦労をかけさせるかもしれませんが、折角の機会なのでそういう経験をどうか積ませてほしいと思っています。

 私なんかで良ければ、いつでもどうぞ。


>〜完全に気力が落ちています。プラモデルのレビューサイトには目を通せるんですが。

 あ、それ分かりますよ。多分、年齢のせいじゃないですか? 自分も、20歳過ぎたあたりから、急激に10代の頃の趣味が面白くなくなりましたもの。その代り、別の世界の楽しみを知りましたね。


>〜その写真が残ってなかったらそのあとの人生はなかったんじゃないでしょうか。

 この話、かなり面白いですね。何か参考になる本やwebページとかってありますか? 自分も読んでみたいので。


>〜だから演出家をやっているんじゃないかと。

 何か分かる気がしますわ。今の自分の行動って、過去の無関係に見える何かしらがグニョグニョと合わさった結果だったりして。この辺は皆同じなんだと思います。


>軽い話か深い話かといえば、深い話です。

 なるほど。


>多くの人とそこそこやるという意味での軽い話も大事だと思います。そうしないと、おそらく社会性を保てない。

 仰る通りですな。


>深い話というのは、個人的にしっくりくる言い方だと、「親密だからこそ許されるような会話」じゃないかと自分では思っています。情緒的なものです。

 分かりやすいですね。


>ほかには問題を整理したり掘り下げたり、答えを出すという意味での論理面での話し相手も必要だとは考えていますが、個人的に切実なのは論理より情緒のほうです。

 着眼点としては、正しいと思います。


>そういう部分を自分の中で素直に認めないと、自分の場合はスタートラインに立てない感じがします。説明になっているのか、ちょっと自信がないですが。

 いや、これは分かりやすいですよ。ねこえもんさんは頭良いと思います。


>あとは他人と関わるきっかけがわからない。「彼女欲しいんだけど何処で見つかるの?」みたいなものだと思うんですが、とにかく想像が働かない。自分なりに後先のレールが敷けないのが困ります。

 これは想像するものではないですよ。所属するものです。

 一般的に、普通の人は学校とか会社とかっていう、何らかの組織体に属しているじゃないですか? これが、その「場」に該当するわけで、普通の進学→就職ルートを辿っていると、大体どこかしらでヒットします。ねこえもんさんは、そこから外れてしまっているので、見つけにくいだけだと思います。


>最後には自信がないというのもそうなんですが、「自分を誤魔化していないか」ということのほうが気になります。納得したふりをしていないか、良い人のふりをしていないか、強がっていないかとか、その辺です。

 いいですね、その感性。やはり、ねこえもんさんは賢いと思いますよ。私も、よく親に言われました。

「他人にはどんなに嘘をついても構わない。せいぜい失うのは『信頼』位だ。しかし、自分に嘘をついてはならない。その場合『自分』を見失う」

ってね。最初の仕事は、自分に嘘つかんことです。


>倫理に関しては用語集を持っているので、それに目を通します。アイデンティティーという言葉が気になっています。ひきこもって7年ぐらい、ずっと迷走してきて嫌気がさしていたというのは、振り返ってみるとわかるので、だから気になるんだと思います。

 大変結構。資料集とかだと、もっと詳しく書いてありますんで、お薦めです。安いですしね。

 何のかんの言っても、先人は偉大です。自分ら程度の悩みは、大方先人が何らかの回答を出してくれています。多分、「実存主義」のキュルケゴールから始まってサルトルへ抜けて行き、青年期の課題までまとめて読めば、かなりのことが分かると思います。
Posted by 大村悠輝 at 2016年10月15日 01:35
ねこえもんです。返信ありがとうございます。

webページならあります。やっぱりそれを見てもらったほうが面白いと思います。
検索ワードを並べるので構わないでしょうか。直接リンクを貼っていいのかわからないので。
h抜きでもいいのかもしれないけど、ちょっと勝手がわからないです。
では、とりあえず以下から。

「富野」「吠える」「BSアニメ夜話」
番組の書き起こしが読めます。YouTubeにもいくつか上がってるんですが、動画の時間の長さがそれぞれバラバラなので、観て大丈夫なのかがわからない。自分が前に見たことがあるものは多分消えてます。

「富野」「朝日新聞」「おやじのせなか」
こちらはシャア専用ブログというところで、新聞記事を書き写したものが読めます。

あとは頼まれてないですが、勝手に他にも挙げておきます。

「庵野」「父親」「片足」
上記のおやじのせなか繋がりなんですが、こちらはTwitterのつぶやきをまとめたブログで、文章は掲載された画像のほうで読めます。

「富野」「庵野」「パンツ」
こちらもシャア専用ブログのものです。主に逆襲のシャアという作品について他にも何人か含めて語り合っているものです。パンツの話が有名らしい。

あとは自分の話になりますが、先日の金曜日に面接に行ってきました(工場です)。今度の水曜日に通知の連絡が来ます。
個人的には仕事内容と通勤距離のことを考えると、負担が少ないという意味でかなりベストなんですが、これで駄目だったらやり方を変えなきゃならない。多分、自分から質問することが少ないのが弱点だと思う。

他人と関わる話で、想像ではなく所属という話からすると、やはり就職活動の先に行かないと何にもならないんですね。あとは通信制高校に通い直すという選択肢を考えています。
趣味のサークルという選択肢もあるのかもしれないけど、そもそも趣味も充実してないので、これはない。これもお金が必要だという。

自分に嘘をつかないということは、仕事や人間関係の節目で失敗に終わらせないとか、死ぬ前に後悔しないとか、そういうところに繋がっていくんだと思います。個人的には家庭生活の部分でそれを危惧しています。
ただ、実際に本気で自分の本音と向き合うことが出来ている人は少ないんじゃないかという感じがする。確かめたわけじゃないけど、きっと本当にそうだと思う。ただ、自分が完璧に出来ている自信がないので、本当は偉そうには言えない。
お題目としてはよく言われるんだけど、その苦労を知っている人は地球上にはそんなにいないと思う。でもこれは心的にデリケートな所に繋がるから、きっと無理もない。

実存主義などについても、軽く目を通しました。自分の状況を表現するのに使えそうな言葉が色々あって良いなと思いましたが、この時点では読んでてのめりこめていないです。ニーチェは別のところで色々と読んでて面白いと思ったことはありますが、今はもう少し楽に生きられたらいいのにと思います。
Posted by ねこえもん at 2016年10月16日 02:18
>ねこえもんさん

 遅れてすみません。兄弟(妹)での集まりで時間を取られてしまいまして。今日から復帰しましたので、通常に戻ります。


>webページならあります。やっぱりそれを見てもらったほうが面白いと思います。

 これは読みごたえがありそうですね。車中の時間が暇ですので、早速拝見することに致しましょう。


>あとは自分の話になりますが、先日の金曜日に面接に行ってきました(工場です)。今度の水曜日に通知の連絡が来ます。

 お、それは進展ですね。結果はどうあれ、アクションするのは良いことだと思います。


>他人と関わる話で、想像ではなく所属という話からすると、やはり就職活動の先に行かないと何にもならないんですね。あとは通信制高校に通い直すという選択肢を考えています。

 通信制はあまり期待しない方が良いかも知れません。人の質が色々過ぎるので、当たり外れが大きいです。とは言え、何もしないよりは良いかと。


>自分に嘘をつかないということは、仕事や人間関係の節目で失敗に終わらせないとか、死ぬ前に後悔しないとか、そういうところに繋がっていくんだと思います。個人的には家庭生活の部分でそれを危惧しています。

 さよだと思います。


>ただ、実際に本気で自分の本音と向き合うことが出来ている人は少ないんじゃないかという感じがする。確かめたわけじゃないけど、きっと本当にそうだと思う。

 いや、これはその通りで、かなり難しい要求だと思います。反面、出来れば利幅は大きいです。


>ニーチェは別のところで色々と読んでて面白いと思ったことはありますが、今はもう少し楽に生きられたらいいのにと思います。

 社会の中で、自分の身の置き場所が決まるとかなり楽になりますよ。置き場所が不明瞭だと、常時頭を使い続けないといけませんので、疲れるのだと思います。

 置き場所そのものも重要で、安定的なところほど楽で、不安定なところほど楽です。ホワイト企業の従業員と、ブラック企業の従業員との差みたいなものでしょうか。
Posted by 大村悠輝 at 2016年10月20日 00:58
返信ありがとうございます。ねこえもんです。

仕事が決まりました。来月の最初の月曜日からです。

身の置き場所は確かに大事だと考えます。信頼関係というものを仕事だけでなく家庭でも築くとか、あとは一貫性とか継続性という言葉に繋がっていくような感じがします。
安定性はこの先で本当に獲得したいものなので、計画的にやっていきます。

通信制の人の質に関しては盲点でした。たしかにそうですね。仕事をしながらスムーズにやっていけるのかはちょっとわからないですが、今の考えではそこで継続力の証明をすることを目指しています。

上のwebページの件で何か困ったことがあったら言ってください。ちょっと不親切にやってしまったかもしれないところがあると思っているので、気になっています。

これから先もまたコメントを書き込むことがあるかと思うので、おぼつかない書き込みになるかもしれませんが、そのときもどうかお付き合いいただきますよう、よろしくお願いします。
Posted by ねこえもん at 2016年10月22日 04:37
>ねこえもんさん

 すみません。また遅くなりまして。


>仕事が決まりました。来月の最初の月曜日からです。

 おお、それは大変結構! おめでとうございます。忙しくなりますが、一歩前進ですな。


>安定性はこの先で本当に獲得したいものなので、計画的にやっていきます。

 ゆっくりで構いませんので、進めていきましょう。もっとも、全く想定しないところから安定したりしますので、計画も吹っ飛ぶかも知れませんけどね(笑)。


>上のwebページの件で何か困ったことがあったら言ってください。ちょっと不親切にやってしまったかもしれないところがあると思っているので、気になっています。

 お気遣いありがとうございます。とりあえず、分からない部分はありませんので、大丈夫です。


>これから先もまたコメントを書き込むことがあるかと思うので、おぼつかない書き込みになるかもしれませんが、そのときもどうかお付き合いいただきますよう、よろしくお願いします。

 どうぞどうぞ。これから少しずつ時間が取りにくくなりますが、三月になると結構暇です。お気軽にお越し下さいませ。

Posted by 大村悠輝 at 2016年10月26日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: