2016年09月29日

勉強嫌いの子が不登校になるとどうなるのか?

 CARPE・FIDEMは、不登校や引きこもりにはなったものの、その後学び直して再度社会に出て行くことを目標とした塾です。

 が、それと全く逆の姿勢の場合、即ち「勉強嫌いの子」が不登校や引きこもりになった後で再度社会に出た場合、その後はどのようになるのでしょうか? ここ最近何度か問われましたので、少し紹介しましょう。

 まず結論から言えば、仮に家から出たとしても、基本的には低賃金で雇用の不安定な単純作業を漫然と行っているケースが主流となります。(「主流」と言うか、それ位しか出所がありません。)例えば、スーパーの品出しや倉庫内軽作業等、比較的良いところでもコンビニのアルバイトでしょうか。所謂「マックジョブ」という、特にこれといった追加能力の求められない業務を行っています。

 職業上の安定度や賃金体系というものは、その人が周囲から必要とされているか否かで決まります。社会から必要とされている人には、安定度でも賃金でも高待遇が与えられ、特に必要とされていない人は、安定度でも賃金でも低待遇になる傾向があります。

 勉強嫌いというものは、確かに頭の良し悪しもありますが、それ以上に新しい知識や経験を受け入れたがらない、言うなれば、「今の自分を変えたくない」という怠惰な姿勢と言い換えることも出来ます。

 社会は常時変化しますし、その度に新しい事実が発生し、発見され、そしてまた新しい事実へと繋がっていきます。しかし、その変化に背を向けていれば、周囲からの評価が下がったとしても、文句は言えないでしょう。使い物にならないのですから。別段、不当な低待遇が彼らに押しつけられているのではありません。能力相応の待遇が与えられているだけなのです。

 元々、CARPE・FIDEMの設立の経緯は、このような現実を知った不登校や引きこもりの子達が、何とかして上昇気流に乗ろうとして頑張ったところからスタートしています。彼らは、この「不登校・引きこもり底辺層」の恐ろしさを、身に沁みて知っています。年齢や社会経験等、一定ラインを突破すると、どんなに足掻こうともどうにもならない現実を見てきたのでしょう。それ故に、頑張り幅が大きかったのだと思います。

 私個人としては、勉強するしないなんてどうでも良いことだと思っています。したい人はすれば良いし、したくない人はしなくて良いでしょう。ただし、しなかったことを後で誰かのせいにするのはやめましょう。するしないは本人の意志の問題であり、周囲のだれかの問題ではありません。

 第一、勉強なんて、しようと思えばいつでも出来るのです。隙間の時間を見つけて単語を憶えても良いし、歩きながら記憶をおさらいしても良い。電車で読書も出来ますし、寝転がって数学を解いても良い。案外何でも自由です。

 ネット環境まで揃えば、不登校や引きこもりで、

「したいけど出来なかった」

なんて状況は、ほぼあり得ません。しなかったのは、ほぼ100%自己責任です。

 不登校でも引きこもりでも、色んな子がいます。先を見据えて一生懸命に行動している子もいれば、目先の「楽」だけを追い求めている子もいます。個人的には、本人が良ければ、それで良いと思います。ただ、後者が前者の足を引っ張る社会にはするべきではありません。

 別の機会に書きますが、これからの日本はどんどん格差が広がります。格差は不当なものとして述べられることが多いですが、少なくとも私個人としては自然なことだと思っています。

 不登校・引きこもりの業界でも、きちんと学んでいる人達は必然的に上に上がっています。何もしていない人達は下層に転落しています。でも、それは当たり前のことなのではないでしょうか? 誰かのためになっていて、人から感謝されている人は、自然と待遇も上がります。その逆をやっていれば、自然と待遇も下がります。これが格差だとするなら、それは大変好ましいことでしょう。因果応報というものです。

 私も今33歳で、10年以上この業界に身を置いてきましたが、転落人生に一直線の人達を繰り返し見てきました。危ないと思えば、警告もしました。怠惰の結果が何なのか、丁寧に説明したりもしました。しかし、ダメな人は本当にダメなのだということが、10年近くかけて良く分かりました。残念なところですが、これが現実なのでしょう。

 せめて、上がれる人達だけでも上に上がれることを期待して。毎日の小さな努力が、より良い未来に繋がるように応援したいと思います。
posted by Ecodog at 19:06| Comment(0) | 教育分野一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: