2016年10月15日

やっていることが上手くいかないときに考えるべきこと(その2)

 前に書いた項目

「やっていることが上手くいかないときに考えるべきこと」
http://eco-dog.seesaa.net/article/442631178.html

の続きをお送りします。


2:何のかんので自己否定していない

 この場合の自己否定というのは、「オレはダメなヤツだ……」みたいなのとはちょっと違います。どっちかと言うと、これはただの自己嫌悪で、あまり意味がありません。

 正しくは、「自分の行動を全く別のものにする」が近いでしょうか。

 勉強でも仕事でも何でもそうですが、周囲の人は上手く行っているのに、自分だけが糞詰まっている場合、それは大体「やり方が悪い」のが原因です。そのため、周囲の上手く行っている人のマネをするのが最も効果的です。無論、出来るものと出来ないものとがあるのは事実ですが、そのまま我流を突き通すよりは、はるかに有益です。

 また、この際に大切なのは、「言葉には価値はなく、行動だけに価値がある」と言う事実を意識することです。

 上記のような話をすると、

「分かってますよ。自分は自分の行動がダメだって知ってますよ」

「やり方が悪いのだって認識してますよ。だから変えようと努力してるんですよ」

なんて主張する子もいるのですが、「知っている」とか「分かってる」「認識してる」なんてものには、何の意味がありません。「知った上で、修正行動を行って」初めて意味が出て来るのです。


 丁度少し前に、同じような主張をする、

「面食いな上にチキンなので彼女が出来ない自分」

な卒業生の子とのやり取りが具体例になるでしょうか。


卒「いや、だから理工系は女の子少ないから無理っすよ」

E「まあ、それはあるだろうけど、他学部でもいいじゃん?」

卒「その場が無いですよ」

E「無いのは場じゃなくて、度胸じゃない?」

卒「そうかも知んないですけど、チキンのくせに面食いなんで」

E「前にも言ったけど、自己否定」

卒「してますよ。分かってますよ」

E「いや、してないって」

卒「してますって」

E「『チキン』も『面食い』も否定してないじゃん。自己否定ってのは『チキンだけど突撃する』とか、『面食いだけど、あえて相手の容姿は気にしない』ってことよ?」

卒「それはキツイっすよ」

E「でも、最低どっちかは変えないと何も変わらんでしょ?」

卒「まあ、そうですけどぉ〜」

E「クリスマスまでに、誰でも良いから彼女作ってきなよ。自己否定して」

卒「ええ! そんなん無理ですって! 三か月位しかないし」

E「自己否定」

卒「……」

E「変化は否定から」

卒「……作ろうとしたけど、フラれたとかってダメですか?」

E「問われているのは『彼女を作った』という事実ですぜ? 努力義務なんて聞いてないよ」

卒「……マジっすか?」

E「自己否定って、そういうことだよ?」

卒「……」

E「『相手がどんな人か?』は問題ではないからね。『彼女を作った』という行動のみに価値がある。どんなにクリーチャーな感じの容姿でも、世紀末覇者みたいな性格しててもいいんだからね」

卒「……」

E「論文の最初の授業憶えてるでしょ? 何でも良いから400文字で書けってやつ。何でも構わないので、書ければOK。白紙はNG。アレと同じよ」

卒「……」

E「自己否定」

卒「……やってみます」

E「おお、いいね。その返答が、既に自己否定です。吉報をお待ちしていますよ」


 上記のように、自己否定ってのは、結構「胃」に来るものもありますが、人間の成長って、これが基盤だと思います。

 自己否定の良いところは、する度に自分の世界が広がることです。一見すると間違った判断をしたように見えて、その実「自分の視野が狭かっただけ」だという現実に気付かされることがあります。

 大方、見ている世界の広い面白い人は、この自己否定が巧みです。自分の可能な限りの自己否定を順次取り入れていますし、自己否定に対する躊躇がありません。自己否定の度に、成長する自分を知っているからでしょう。

 逆に、世界の狭い退屈な人は、この自己否定を極度に嫌います。自分自身に自信がないためかも知れませんが、自己否定の結果として発生する成長を知らないのかも知れません。「引きこもり」とは、まさにこの典型みたいな行為です。長年見て来ましたが、長期引きこもり当事者に面白い人物がほとんどいないのは、ある意味必然だということでしょう。


 糞詰まっているときは、自己否定のチャンスです。ちょっとの苦しみの後には、まだ見ぬ世界が広がっています。自己否定の活用法を、是非日常生活の中に取り入れてみて下さい。
posted by Ecodog at 01:30| Comment(0) | 教育分野一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: