2016年12月19日

医学部受験用パッケージ講座について

 CARPE・FIDEMの運営も、現社名に変更してから既に7年が、旧社名からすると、既に12,3年が経過しました。これまでも多くの人々に支えられ、無事に継続することが出来ましたが、少々問題も発生しています。

 そのうちの一つが、特に高度な学習能力を保持した参加者への応対です。

 昨年度は様々な意味で過去最高記録を出した一年でした。例えば、駿台の東大模試で東大理VA判定、阪大模試で阪大医学部A判定、他複数の帝大系模試で医学部A判定を獲得する参加者が複数出ました。今年は今年で、15歳の段階にもかかわらず、高校三年までの学習をほぼ終えてしまっている参加者がいます。

 上記のような例もありますが、CARPE・FIDEMには、必ずしも優秀な人達ばかりが集まる訳ではありません。小学校から学校に行っていない人もいますし、社会人経験者もいます。精神病院への入院歴がある人もいますし、今現在気持ちの面で不安定な人もいます。経歴や状況は多々あれど、個々人なりの目標に向かって進学先を決め、納得のできる進路を大切にすることを最優先としています。


 ただ、人よりも早くかつ速く行動したいという希望が、ここ最近は目立つようになってきました。そこで、来年度四月からの運用となりますが、期間短縮用のパッケージ講座を併設し、そのようなご要望に応えることに致しました。

 具体的には、私大(主に医学部)希望者で、特に短期間での学習(基礎クラス在籍時に合格する等)が必要な方、或いは、国立大(上位医学部)希望者で、特に先行して学習を進めておきたい方を対象として、医学部受験用のパッケージ講座の開設を調整しております。

1:基礎クラス用パッケージ
○大学受験理系基礎
○追加演習授業(基礎編)
○医療系論文講座

2:応用クラス用パッケージ
○大学受験理系応用
○追加演習授業(応用編)
○医療系論文講座


 追加演習授業(基礎編)は、基礎授業内での単元試験が終わり次第、入試レベルの演習をテストゼミ形式で行い、単年度内での医学部他上位の大学向けの入試に即応します。具体的には、医学部で差のつきやすい英作文の添削や、数・物・化の有名問題の処理を中心に行います。

 追加演習授業(応用編)は、初期の段階から発展的課題を先取りし、通常の応用クラスよりも、一段階高いレベルの受験が可能となるよう調整を行います。具体的には、4月段階から各種単元間融合問題に挑戦し、単元の垣根を越えたタイプの問題にたいする苦手意識を軽減します。


 これまでは、基礎クラスと応用クラスの二つで全体をカバーしておりましたが、基礎と応用の中間レベルの受験をする場合や、応用クラス上位層への対応がやや不十分となっておりました。必要な場合には、その都度個別対応での運用を行っていましたが、費用がかさんでしまうという問題も発生していました。

 そこで、今回のような形式でパッケージ化を行い、より効率的な運用を行うことに致しました。今後も、ある程度希望者の意見を取り入れながら、より効率的な受験が可能となるよう調整する予定です。

 最近は、大阪や宮城等の他、地方主要都市からのお問い合わせが増えていますが、期間短縮をご希望の方は、一度来年度からの参加に合わせてご検討下さい。
posted by Ecodog at 18:48| Comment(9) | 業務連絡的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 上記のような例もありますが、CARPE・FIDEMには、必ずしも優秀な人達ばかりが集まる訳ではありません。小学校から学校に行っていない人もいますし、社会人経験者もいます。精神病院への入院歴がある人もいますし、今現在気持ちの面で不安定な人もいます。経歴や状況は多々あれど、個々人なりの目標に向かって進学先を決め、納得のできる進路を大切にすることを最優先としています。

ここら辺をもう少し詳しく知りたいですね、一部の優秀な医学部いけるハイスペックヒキさん以外の進路がしりたいです、ミドルスペックヒキさんや僕みたいな低スペックヒキの進学先ってどんな感じなんでしょう??
Posted by おにぎり頭 at 2016年12月21日 02:28
>おにぎり頭さん

>ミドルスペックヒキさんや僕みたいな低スペックヒキの進学先ってどんな感じなんでしょう??

 「ミドル」と「低」の程度をどう判断するのかが微妙なところですが、進学する場合には、基本的には学力通りになります。易しめなところですと、日大とか東京経済大とかがありました。ミドルクラスですと、地方国公立の理工系が中心だと思います。

 ただ、個人的には「ミドル」とか「低」と言うよりは、言われたことを実行しているかどうかの方が大きいような気がします。頭が良くても、欠席の多い人や、机に座ってもボーっとしているだけの人はどうしても成績伸びませんが、賢くない人でも、言われたことをきちんと実行していれば、普通はダメにはなりません。

 そういう意味では、ここ最近は、「憶える」ということに無関心な子が増えましたね。「このbe動詞の意味三つは絶対に憶えておいて、いつでも出せるように」と何度言っても、毎回「何でしたっけ?」を繰り返す人いますが、こういうのは論外ですよ。勉強の半分位は、まず憶えることにありますからね。

 こういう指示をきちんと聞いていれば、「ミドル」とか「低」とか関係ないと思います。
Posted by 大村悠輝 at 2016年12月22日 17:30
 大村代表お忙しいなか返信ありがとうございます。

>「ミドル」と「低」の程度をどう判断するのかが微妙なところですが、

 確かに判断は微妙ですがまあ、ミドルヒキは優秀とまではいかない大多数のヒキさんで、低スペックはそのまんまですが能力の低いヒキさん、能力が低いが故にヒキになってしまったような僕みたいな障害グレーゾーンって感じの人ですかね。

>進学する場合には、基本的には学力通りになります。易しめなところですと、日大とか東京経済大とかがありました。ミドルクラスですと、地方国公立の理工系が中心だと思います。

 そうなんですか、たしかコラムにはレベルの低い大学へ行っても意味ないみたいなことが書いてあったと思うんですけど、レベルが低くても文系ではなく、理系だったり職業に結び付く専門的な事を学べば大丈夫って事なんでしょうか?
 それとも十代の現役生なら多少レベルの低い文系の大学へ行っても大丈夫っていうような年齢的なことなんですかね?

>ただ、個人的には「ミドル」とか「低」と言うよりは、言われたことを実行しているかどうかの方が大きいような気がします。頭が良くても、欠席の多い人や、机に座ってもボーっとしているだけの人はどうしても成績伸びませんが、賢くない人でも、言われたことをきちんと実行していれば、普通はダメにはなりません。

 僕も一応勉強し始めてるんですが、あまり芳しくなくて、机に座ってボーっとしているわけでもないのに、やっていても成績が伸びづらいのはやり方がいまいち駄目だからなんですかね、おススメの良い教材とかってあります?

>そういう意味では、ここ最近は、「憶える」ということに無関心な子が増えましたね。「このbe動詞の意味三つは絶対に憶えておいて、いつでも出せるように」と何度言っても、毎回「何でしたっけ?」を繰り返す人いますが、こういうのは論外ですよ。勉強の半分位は、まず憶えることにありますからね。

 この憶えるっていうのが何よりも苦手なんですよね、理解力も低いですが記憶のほうがなんともひどい、算数の九九も最近まで憶えられてなかったですもん、今も7の段くらいから怪しくなることがあります。一回見たら大体憶えちゃう人がたまにいますが、ほんと羨ましいです。

>こういう指示をきちんと聞いていれば、「ミドル」とか「低」とか関係ないと思います。

 やり続けていけば何とかなりますかね、最初のころよりは大分ましになってきていると思うので。しかし未だ小中学校レベルの問題で四苦八苦しているんで根本的に勉強に向いていない人間のような気がします。
 このレベルだと勉強続けるより調理師とかの手に職を目指したほうがいいのでしょうか?どう思いますか?
Posted by おにぎり頭 at 2016年12月24日 02:51
>たしかコラムにはレベルの低い大学へ行っても意味ないみたいなことが書いてあったと思うんですけど、レベルが低くても文系ではなく、理系だったり職業に結び付く専門的な事を学べば大丈夫って事なんでしょうか?
>それとも十代の現役生なら多少レベルの低い文系の大学へ行っても大丈夫っていうような年齢的なことなんですかね?

 ええ、年齢的に若いなら、多少低くても大丈夫なことも多いです。ある程度以上の年齢で底辺大学は100%無意味ですが、若さが評価基準になっているような場合には、そこまでアレコレ言わない会社もありますんで。後、偏差値的に低くても、工学系は何かと就職しやすいです。


>やっていても成績が伸びづらいのはやり方がいまいち駄目だからなんですかね、おススメの良い教材とかってあります?

 おにぎり頭さんの現在の学力がどの辺なのか(何の科目の何年生範囲を学んでいるのか)によります。どんなものを勉強しているのでしょうか?


>この憶えるっていうのが何よりも苦手なんですよね、理解力も低いですが記憶のほうがなんともひどい、算数の九九も最近まで憶えられてなかったですもん、

 記憶についてですが、五感の何を使って憶えてますか? 音とか、映像とか色々ありますが。


>このレベルだと勉強続けるより調理師とかの手に職を目指したほうがいいのでしょうか?どう思いますか?

 記憶については、何の仕事でも結局は必要になります。そのため、憶えやすい分野に進む方が楽ではあります。何か憶えやすい分野ってありますか?
Posted by 大村悠輝 at 2017年01月01日 18:59
 あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。


>おにぎり頭さんの現在の学力がどの辺なのか(何の科目の何年生範囲を学んでいるのか)によります。どんなものを勉強しているのでしょうか?

小学校の算数が終わって中学の数学やり始めたんですがあまり捗っていません、あとは漢字の書き取りやってるくらいで他の教科はほぼ手付かずです。


>記憶についてですが、五感の何を使って憶えてますか? 音とか、映像とか色々ありますが。

 九九を憶えた時は繰り返しノートに書いたり声に出して読み上げたり九九の歌を聞いたりしましたが、7(しち)1(いち)など音が似ている所で間違って憶えてしまっていたりするので、音での記憶の方が頭に入りやすいのかもしれません。


>記憶については、何の仕事でも結局は必要になります。そのため、憶えやすい分野に進む方が楽ではあります。何か憶えやすい分野ってありますか?

 確かに興味のないことだと全然頭に入ってこなくて苦労してます、実感として興味のあることなら頭に入っていきやすいですね。
 憶えやすい分野はよくわかりませんが、苦手なのはただ単純に記憶して憶えることですね、歴史の年号覚えたりだとか、英語の単語覚えたりとか漢字憶えたりとかです。人の名前覚えるのも苦手ですね。
 好きな教科なら小学校のころは理科が好きでしたね、具体的に何がどうなるのかが分かる物は記憶しやすいように思います。関連性のない抽象的なことは憶え辛いですね。

ただ一日八時間勉強しているわけじゃないので、単純に勉強時間が足りていないという可能性もあるかもしれません。最低でも一日一時間は勉強するようにしてますが少なすぎですね。勉強しない日もあるので自分に甘かったなと思いました、今年はもっと勉強時間を増やしていこうと思います。
Posted by おにぎり頭 at 2017年01月03日 03:04
>おにぎり頭さん

>あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 あけましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

>小学校の算数が終わって中学の数学やり始めたんですがあまり捗っていません、あとは漢字の書き取りやってるくらいで他の教科はほぼ手付かずです。

 小学生の算数が甘いと、中学範囲はきついと思います。百分率・割合とか、空間図形とか出来てないかも知れません。


>7(しち)1(いち)など音が似ている所で間違って憶えてしまっていたりするので、音での記憶の方が頭に入りやすいのかもしれません。

 「間違って憶えて」と「音の記憶の方が頭に入りやすい」は整合性がおかしい気もするのですが、書き間違えでしょうか?


>確かに興味のないことだと全然頭に入ってこなくて苦労してます、実感として興味のあることなら頭に入っていきやすいですね。
>好きな教科なら小学校のころは理科が好きでしたね、具体的に何がどうなるのかが分かる物は記憶しやすいように思います。関連性のない抽象的なことは憶え辛いですね。

 この辺は、比較的普通の思考レベルな気もします。おにぎり頭さんは、読点と句点の打ち方以外には、文章そのものに破綻が見られないので、文章関連の点でそこまで劣っているようには見えません。


>ただ一日八時間勉強しているわけじゃないので、単純に勉強時間が足りていないという可能性もあるかもしれません。最低でも一日一時間は勉強するようにしてますが少なすぎですね。

 時間不足だとするなら、まずそこを増やしてみて下さい。同じ項目を繰り返し勉強すると記憶の定着も良いです。
Posted by 大村悠輝 at 2017年01月05日 19:03
 お忙しい中、返信ありがとうございます。


>小学生の算数が甘いと、中学範囲はきついと思います。百分率・割合とか、空間図形とか出来てないかも知れません。

 そうですね、小学生の範囲の理解が甘いのはあると思います。もう一度、一からやり直すレベルで勉強した方がいいみたいですね。どうやって勉強していくのが効率いいですか?お勧めの参考書とか勉強サイトってあります?


>「間違って憶えて」と「音の記憶の方が頭に入りやすい」は整合性がおかしい気もするのですが、書き間違えでしょうか?

 いえ、繰り返しノートに書いたり、声に出して読み上げたりしても、聴き間違って憶えた方が頭に入っているので、音で憶えた方が強く頭に入るのかな、と思った訳です。


>この辺は、比較的普通の思考レベルな気もします。おにぎり頭さんは、読点と句点の打ち方以外には、文章そのものに破綻が見られないので、文章関連の点でそこまで劣っているようには見えません。

 以前、発達障害のテスト受けたんですが、言語理解が確かIQ90位だったので、文章関連は人より少し劣る程度で、まだましな方なんじゃないかなと思います。
 低いところだと、作動記憶と処理速度の指数がIQ60代でしたね。


>時間不足だとするなら、まずそこを増やしてみて下さい。同じ項目を繰り返し勉強すると記憶の定着も良いです。

 毎日一日八時間勉強したら、僕みたいな障害グレーゾーンでもなんとかなりますかね。怠惰な僕からしたら、そこまで勉強に打ち込めるのも才能のような気がしますが。
 今年は気合入れて勉強していこうと思います。
Posted by おにぎり頭 at 2017年01月06日 16:25
横から失礼します。

おにぎり頭さんは結構以前からこのブログにコメント書いてましたよね。何度か大村さんとのやり取りを見せてもらってたんですが、凄く文章がうまくなってませんか?ただの勘違いかな?

上から目線で申し訳ないです。以前より、今日読んで凄く綺麗な文章書くようになってる!(気がする)と思ったのでコメントさせていただきました。

私も文章上手くないし、何の専門家でもないし、おそらく勘違いの可能性高いと思いますが
勉強のおかげで、論理力や思考回路、文章の作成能力が鍛えられたんだとすれば、毎日1時間でもコツコツ勉強していた成果が出てるってことではないでしょうか?

・・・・と、私自身何書きたいのか分からなくなってきましたが、こんなまともな文章書けるんだから大丈夫ですよ!って言いたかったのでコメントさせていただきました(私の方が文章下手でしょ?)

あと、最近はすぐに自閉症だとかアスペだとか言うのが流行ってますが、自分で障碍者だとか、卑下するのは辞めた方が良いと思ってます。

障害グレーゾーンなんて自分を卑下する必要ないですよ。凄くまともです。ただ今までやってこなかっただけです。お互い頑張りましょう
Posted by るろうに at 2017年01月09日 09:14
 コメントありがとうございます、るろうにさん


>おにぎり頭さんは結構以前からこのブログにコメント書いてましたよね。何度か大村さんとのやり取りを見せてもらってたんですが、凄く文章がうまくなってませんか?ただの勘違いかな?

 最初に書き込んだのが確か3年前くらいですか、時の流れは速いですね。文章も、頭の中身も、あの頃とほとんど変わっていない気がします。


>上から目線で申し訳ないです。以前より、今日読んで凄く綺麗な文章書くようになってる!(気がする)と思ったのでコメントさせていただきました。

 ありがとうございます、綺麗な文章だと言って貰えるのは嬉しいです。
 ただ、無い知恵を振り絞って書いているので、これだけの文章を書くだけでも物凄く時間がかかっているんですよ。時間をかけて、やっとできたのがこの程度の文章なので。時間をかけないと、もっと読みにくい文章になってしまうんです。


>私も文章上手くないし、何の専門家でもないし、おそらく勘違いの可能性高いと思いますが
勉強のおかげで、論理力や思考回路、文章の作成能力が鍛えられたんだとすれば、毎日1時間でもコツコツ勉強していた成果が出てるってことではないでしょうか?

 そうかもしれないですね、断続は力なりって言いますし。何事も練習ですかね。


>・・・・と、私自身何書きたいのか分からなくなってきましたが、こんなまともな文章書けるんだから大丈夫ですよ!って言いたかったのでコメントさせていただきました(私の方が文章下手でしょ?)

大丈夫、ですかね・・・・(読みやすくていい文章だと思いますよ)


>あと、最近はすぐに自閉症だとかアスペだとか言うのが流行ってますが、自分で障碍者だとか、卑下するのは辞めた方が良いと思ってます。

>障害グレーゾーンなんて自分を卑下する必要ないですよ。凄くまともです。ただ今までやってこなかっただけです。お互い頑張りましょう

 卑下といいますが、実際そういう状態にあるので。自分が今どういう状態なのか把握するのは、先の戦略を考える上では重要なことだと思います。
 いま障害グレーゾーン状態にあるのは、今までやってこなかったから出来ないのか、それともやっても出来ないのか、出来るようになるのか?という悩みがあります。
 たとえばチビとデブなら、デブは努力して痩せれば問題ないが、チビは努力じゃどうにもならない。みたいなことです。
 ぶっちゃけ小学校のころからもの憶えが悪いのに、いまから頑張ってなんとかなるものなの?ということです。
 まあ、とりあえず今はやれることをやるだけですね。頑張りましょう
Posted by おにぎり頭 at 2017年01月11日 02:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: