2012年07月17日

頭の重いてるてる坊主を立たせるのは構造的に無理があると思いませんか?

E「こいつは間違いねえ……。イケっぞ、オラ達!」

 相変わらず、授業中にもかかわらず、ネットで週間天気予報を見てほくそ笑む私。

T’「今年は我々の雨男パワーも発動しないようだな」

 物理の問題を解きながら、T’もいつも通りニヤニヤしています。

E「うむ。これを見たまえ。出発直前も晴れだが、西日本の天気も同様に晴れが連発だ。この分なら、去年よりも渓流の水は澄み、綺麗な渓相がより綺麗な形で拝めるってものよウッハウハ」

発明屋「荷物はどれ位いるんですか?」

E「二泊三日だから、春先の旅行の倍と見ておけば大丈夫。因みに、マッシヴな男衆5人は、公共の福祉的共有アイテムの輸送義務を負うので、個人の荷物にちょっと追加です」

発明屋「義務すか?」

E「です。具体的には、『打ち上げられないかも知れない花火セット』と『足りるかどうか微妙な数の釣竿と釣りセット』『無駄に恥ずかしい麦わら帽子(男限定着用必須)』です。肉・海産物系のバーベキューセットと酒類は宅配なんで心配無用」

発明屋「良く分からないけど、まあ、それ位なら」

T’「結局、今回は全部で7人だよな?」

E「っすね。男衆がT’と発明屋S、都知事閣下にボリビア、そして自分。女衆が、Mお嬢様とキャプテンCだね。T君が大学の試験で行けないのが残念だが」

閣下「っつーか、俺のことを閣下とか言うのやめなさい(笑)」

ボリビア「新宿駅のどこに集合するんですか?」

E「適当に。全員分のメアド渡すことになってるんで、中央線のホームについたら、誰かしらに連絡しておいて下さいな。誰かいる……と、思う。多分、きっと」

閣下「は? 適当過ぎだろ(笑)」

E「んなこたあないぜ? 僕とキャプテンCは東京駅合流で、四人は新宿駅合流、発明屋に至っては立川合流。去年も大体同じ感じでしたから、多分OK」

ボリビア「……ちゃんと着くのかな?」

E「因みに、遅れた場合には先に行ってるので、各自自力で頑張って。その日のうちに目的地まで到着して下さいな」

閣下「この予定表見る限り、遅刻したらバスが微妙だな……。奥多摩からタクシーは?」

E「調べてないけど、多分無い……と思う。ついでに言っておくと、幾三的に『バスは一日一日一度来るッ!』ってことはないけど、二時間に一本あるかどうか微妙なので、遅刻にはくれぐれも注意してくれたまえ。特に、遅刻魔の閣下は」

閣下「そのバス外したら?」

E「終了じゃね?」

閣下「おい(笑)!」

 という形で、10代〜20代までごちゃごちゃに、なかなか良い感じで進行中の奥多摩旅行準備編。続きます。
posted by Ecodog at 00:29| Comment(0) | 奥多摩珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

続・奥多摩訪問記(計画編)

 それは想定通り、少年T’の言葉から始まりました。

T’「っていうか、お前いい加減奥多摩のブログ更新しろよ。去年の夏に行ってから、何か月止まってると思ってんだよ」

 高々10代という高校生年齢の分際で、10歳以上年上の私にタメ口を聞いてくるこの少年。そして、いつものように紳士的に答える私。

E「まあ、何だ? 色々とあの後は受験対応で忙しかったしさ。ブログにまで手が回らなかったってわけよ。分かる?」
T’「だからって延ばし過ぎだろ。もうそろそろ今年の奥多摩計画になっちゃうだろ(笑)」
E「そうかもな。まあ、ドンマイ。その辺はLOVEでカバーしてくれたまえ。大切なのは愛だよ、愛。人類愛だよ? 思いやりだよ?」
T’「マジ意味分からないから(笑)」
E「そうだ! いい案浮上! つまりな、今年も去年と同じように奥多摩に行ってさ、同じ行程で同じルートを辿っていくわけよ。で、確か去年はバスに乗り込んだところまで書いたから、今年はその続きから書くわけよ。そうすりゃ、去年の続きから奥多摩旅行記が出来るだろ? 完璧じゃね?」
T’「お前、本当に頭悪いな(笑)! こんなやつに勉強教わってると思うと死にたくなってくるわ!」
E「おバカ! 人の考えないことを考えるのが、私の……」
T’「参加者が全然違うだろ(笑)! 去年の参加者のIさんとT君はもういないし、新しく入って来たメンバーだっているんだから」
E「いや、T君は声かけたら来れるってさ。OB参加ってやつ? Mお嬢様も、T君の話聴きたいって言ってたし」
T’「……彼女持ちの、あのクソリア充め。図に乗りおって」
E「T君は事務所の移転のときにも手伝って貰う予定だし、ちょくちょく来てもらうことになるよ。家も大学も近いし」
T’「でも、そんな年のずれた旅行記をブログに乗せたら、どう見てもイミフだろ。ここの日常的破綻っぷりがありありと……」
E「大丈夫です。去年のブログを見た人なら、ここの参加者相互の破綻っぷりは、既に明明白白の事実でございます」
T’「アホか(笑)」
E「まあ、何だ。取りあえず発明屋Sと、Mお嬢様にも訊いてみようではないか。となると、今年で参加出来そうなのは5名ってところかな?」
T’「追加の参加希望者が来なけりゃな(笑)」
E「実は、問い合わせが三件入ってるんだけどね。まあ、その際にはLOVEでカ……」
T’「はいはい分かったもういい(笑)」

という運びにより、今年も梅雨明け7月に奥多摩行きを目指します。続く!
posted by Ecodog at 16:50| Comment(0) | 奥多摩珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする